自営業で安定の環境を手に得る

仕事の理想の姿は独立です。

独立と仕事のスキルアップ

社会人と一口に言いましても、新人からベテランまでいろいろな人がいます。普通に考えますと新人は仕事についてまだなにも知らないのが普通です。しかし、実はこれは日本特有の状況で、欧米などではスキルを持っている人が就職をすることができるのが普通です。この背景には日本特有の就職形態があります。それは新卒が一括で入社試験を受けるという社会システムです。ですから、会社に入ってから仕事を「覚える」、会社側からしますと「教える」ということになります。この社会システムの問題点は仕事のスキルの上達が遅いことです。なぜなら、会社が教えるのが基本ですので社員が受け身になることが多いからです。ですから、本当にスキルを身につけたいのなら独立を考えることが必要です。独立するということはすべて自分の責任でやることですから緊張感が違います。会社員の身分ですと無意識のうちに後ろに会社が控えているという気の緩みが生じたしまいます。独立するのは個人のスキルアップに貢献しますが、リスクがあるのも事実です。そこでリスクを冒さずにスキルアップを目指す方法として、準備をするつもりで働くというのもひとつのやり方です。準備の心構えをするだけでいろいろなことを考える必要に迫られますから緊張感も持てます。若い社会人は独立の準備を実行することから始めるのがよい方法です。

↑PAGE TOP