多種多様化している勤務体系

これからの仕事の働き方

仕事と労働形態の未来

かつて日本は大量消費社会に対応するために企業はいろいろな経営方法で臨んできました。しかし、時代は移り変わり大量消費社会は消失し、多種多様な消費者に合わせられる企業だけが生き延びることができる時代になりました。その現れての一つがドラマの視聴率に表れています。今から30年前にはテレビの高視聴率の数字は30%を超えることもありましたが、今それほど高い数字を上げることはほとんど不可能です。その一番の理由は人々の好みが個人により違う社会になったことがあります。もちろんメディアの種類が増えたこともあります。こうした時代に合わせるように仕事のやり方も変化してきつつあります。昔は、同じ時間に出社し、同じように働き同じ時間に退社するのが普通でした。しかし、今の若い人は仕事に対する考え方も変わってきています。生活のために働く人もいれば、自分の能力を高めることが目的の人もいます。このように仕事に対する考え方が違っている時代に理想の働き方は、究極的には独立自営の形態で働くことです。独立自営の一番のメリットはすべて自分で決めることができることです。上司もいませんし、会社の縛りもありませんのですべて自分の自由です。しかし、独立自営は自分が経営者になることでもありますから、その自覚を持つことが大切です。

↑PAGE TOP